ステンレス鋳物・チタン鋳物ならイトコー株式会社にお任せ下さい。

TOP > 金属製品の製法による違い

金属製品の製法による違い

鋳物

金属を溶かして鋳型に流し込んで作る。加工しにくい形状や材質等の金属部品によく使われる。肉厚の薄いものはできない(ダイカストは可能)(例:エンジンブロック、バルブ等)

機械加工

鋼材から削りだして作る。(例:高精度部品等)

プレス加工

金型に板材を機械的に強い圧力をかけて押し当て、剪断・成型させて作る。肉厚の薄い製品が製造可能。 (例:板厚0.1~10ミリの部品等)

鍛造

金属を加熱して叩き靭性を高めながら成形して作る。(例:日本刀、はさみ、ペンチ等)

粉末治金

金属を粉末にしてから型に詰めて成形し、焼き固めて作る。(例:小型のモーター部品等)

鋳物をもう少し細かく分けると

砂型鋳造

木型(発泡型)を基に砂の鋳型をつくり、そこに金属を流し込む。少量生産にも対応できる。

ロストワックス(精密鋳造法)

金型から一度ワックスを作り、セラミックをコーディングしてからワックスを消失させて、セラックの鋳型を作り、そこに金属を流し込む。砂型より精度が高い。精密鋳造とも呼ばれるが砂型鋳造と比較してのことで、ダイカストのような精度は出ない。量産向き。

ダイカスト(ダイキャスト)

機械的に圧力をかけて金型に直接金属を流し込む。金型が鋳型になる。高精度。大量生産向き。低融点の合金(亜鉛、アルミニウム、マグネシウム等)のみ。

石膏鋳造

石膏で鋳型を作り、そこに金属を流し込む。比較的精度が高い。鋳肌がきれいなため美術品や貴金属の鋳造によく使われる。

その他

シェルモールド、Vプロセス、ショープロセスなど。

弊社では砂型鋳造とロストワックスを行っています。

お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にご相談・お問い合わせください!!

ページTOPへ